SEOで成功するための一番大切なポイント

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150303-1

Mamiya

小さな会社がSEOで成功するためのポイントを
紹介します。
 

SEOで狙うのはビッグキーワードがよい?

SEOでは、検索数が多く人気のキーワードのことを
「ビッグキーワード」と呼びます。

それに対して、検索数が少ないキーワードのことを
「ミドルキーワード」や「スモールキーワード」
と呼びます。
 
 
例えば、『美容院』『居酒屋』『税理士』
といったキーワードはビッグキーワードです。

『パーマ メンズ ◯◯市』
『コース料理 飲み放題』
『法人設立 0円』
と言ったキーワードが、
ミドルキーワードやスモールキーワードになります。
 
 
SEOの知識があまりない場合、
ビッグキーワードを選んでしまいがちです。

確かにビッグキーワードはよく検索されていますが、
その分、ライバルも多くなります。

そのため、ビッグキーワードでSEO対策をすると、
上位表示されるようになるまでに時間がかかったり、
場合によっては全く表示されなかったりします。
 

SEO成功のポイントはターゲットを絞ること

小さか規模でビジネスを行っている場合、
SEOで成功したければ、
ビッグキーワードは狙わないようにすることがポイントです。

オクゴエ!をご覧の方はすでに学んでいると思いますが、
小さな会社がマーケティングで成功するためには

『ターゲットをできるだけ絞ること』

が大切です。

これはSEO対策においても同じことです。
 
 
『美容院』を探している人をターゲットにするのではなく、
『◯◯市でパーマにしたい男性』をターゲットにするのです。

であれば、

『美容院』というビッグキーワードは捨ててしまい、
『パーマ メンズ ◯◯市』や、

『パーマ メンズ 芸能人』
『パーマ メンズ セット』
『パーマ メンズ 値段』

といったキーワードが出てくるようになります。

このように具体的なキーワードだと、
具体的な課題や、悩みを抱えているお客さんが
真剣に解決策を探している可能性が高いことになります。

そんな具体的な課題に対して、
あなたの会社が解決策を提示してくれるのであれば、
お客さんになってくれる確率も非常に高くなります。
 

小さな会社はロングテールSEOを狙う

少数のビッグキーワードを狙うのではなく、
一つ一つのアクセス数は少なくても、
たくさんのミドルキーワードやスモールキーワードを
狙う戦略を『ロングテールSEO』と呼びます。

小さ会社がSEOで成功するためには、
このロングテールSEOをするべきです。

ちなみ、ロングテールとは“長い尻尾”の意味で、
SEOは図で表すとこのようになります。

ロングテールSEO


アクセスの少ないキーワードでも、
それぞれが検索結果に上位表示されれば、
アクセス数も集まるようになる、ということです。

ロングテールSEOのメリットは他にも・・・

SEOの世界では、Googleのアルゴリズムの変更で、
これまで上位表示されていたキーワードが
ある日突然表示されなくなってしまうことがあります。

ですが、ロングテールSEOであれば、
様々なキーワードでアクセスを集めることになるので、
多少のアルゴリズムの変更であれば
ほとんど影響を受けることはありません。
 
 
逆に、ビッグキーワードのSEOに頼っていると、
1つのキーワードの順位の下落によって
アクセス数に大きな影響が出てしまいます。

ビッグキーワードのSEOに頼っていて、
アルゴリズムの変更によって、
一気に業績が悪化してしまったという例は
1つや2つではありません。

こういったビジネス上のリスクを回避するためにも、
ロングテールSEOを狙っていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>