SEOで上位表示されるには?

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150331

Mamiya

SEOで上位表示をされる方法はいろいろあります。

インターネットで検索してみれば、
たくさんのSEO対策のやり方がでてくるでしょう。

技術的なテクニックもたくさんあって、
ちょっと見ただけで、「なんだかややこしそう・・・。」
と思ってしまうかもしれません。

今日は、そんなあなたのために、
ややこしくない、正攻法のSEO対策で上位表示されるためのお話です。
 

なぜSEOが行われているのか?

そもそも、SEO(検索エンジン最適化)は
なぜ行われているのかを考えてみてください。
 
SEOを行っているのは、
検索サイトを運営しているGoogleです。

Googleは、
検索ユーザーが目的とするサイトを見つけられるように
日々検索アルゴリズムの変更を行っています。
 
 
以前は、内容のない詐欺のような広告サイトや、
役に立たないリンク集サイト、売り込みサイトなどが
検索結果に表示されることもありました。

それが今となっては検索圏外に飛ばされ、
ほとんど表示されることはありません。

ちゃんと、検索キーワードにマッチした、
内容のあるコンテンツが上位表示されるようになっています。
 
 
Googleは検索ユーザーの利便性を第一に考えています。
そのためにSEOが行われているのです。
 

役に立つコンテンツを作れば評価される

これまで、SEOで上位表示というと、
被リンクがどうこうとか、キーワード含有率が何パーセントとか、
HTMLの書き方が・・・、更新頻度が・・・と、
いろいろなことが言われてきていました。

検索アルゴリズムの精度がよくなかった時代には、
そのような議論も意味があったのかもしれませんが、
今となっては、小手先の技術を語ることにあまり意味はありません。
 
 
今、最も効果があり、
これから先も間違いなく上位表示の効果が継続するSEO対策があります。

それは、

ユーザーにとって役に立つコンテンツを作ること

です。

これは、先ほどのGoogleのやりたいことと一致します。

Googleは、検索ユーザーに取って役立つ情報が、
検索によって見つけられやすくなるようにしたいのです。
 
 
これは、しっかりコンテンツを作ってきている会社にとっては、
正しく評価されているわけですから、とてもいいことです。

そのような会社のサイトは、ちゃんと上位表示され、
アクセス数も増えてきているはずです。
 
 
そして、これからサイトをSEOで上位表示したいのなら、
『ユーザーにとって役に立つコンテンツを作ること』
からは避けては通れなくなります。

あなたもサイトを持っているのであれば、
良質のコンテンツを作っていかなくてはならないのです。
 
 
 
さて、それではSEOで上位表示されるための
コンテンツとはどんなものになるのでしょうか?

特に、私たちのような小さな会社にとって、
コンテンツ作りで守るべきポイントを紹介していきます。
 

SEOで上位表示されるコンテンツ作りで守るべき5つのポイント

1.検索されるキーワードが含まれている

検索で見つけられるには、ユーザーが検索するキーワードが、
コンテンツに含まれている必要があります。

そのためには、あなたのお客さんになる人が、
普段どんなキーワードで検索しているのかを考えなければなりません。
 
 
これは、ヒアリングなどで実際のお客さんに聞いてみてもいいですし、
Google AdWordsのキーワードプランナーなどを使えば、
どんなキーワードが検索されているのか数字で調べることもできます。

ただなんとなく、キーワードを決めるのではなくて、
実際の調査に基づいたキーワードを選んでいくようにしましょう。
 

2.検索キーワードに合った内容になっている

コンテンツにただ検索キーワードが含まれているだけでなく、
内容もそのキーワードにぴったり合ったものでなくてはなりません。

Googleは、検索キーワードからたどり着いたページの滞在時間や、
そこからサイト内のどのページに移動したのかを見ています。

サイト内の滞在時間が長いほど、Googleからの評価は高まり、
SEOでも上位表示されるようになります。
 
 
検索キーワードとコンテンツの内容が違っていては、
せっかくページに来てくれたとしても、
「探していたのはこのサイトじゃなかった。」と、
すぐに他のサイトに移動してしまいます。

そうなっては、Googleから評価はされないのです。
 

3.キーワードをタイトルにしている

検索キーワードがタイトルに含まれていなければなりません。

ユーザーが最初に見るのはタイトルだけですし、
Googleもタイトルに含まれているキーワードを評価しています。

複合キーワードで上位表示を狙うなら、
そのキーワードは全てタイトルに含めるようにしましょう。
 

4.内容がしっかりと作りこまれている

ユーザーは、ある情報が欲しくてサイトを訪れるわけですから、
ページ内の情報量もできるだけ多いほうが良いです。

サイト全体のページ数が多いのも重要ですが、
各ページの情報量(文字量)も多いほうがよいです。
 
 
明確に何文字以上であれば良い、とは言い切れませんが、
ある程度内容を作りこむとなると、
文字数にして2,000文字くらいは必要なのではないかと思います。
 
 
画像が多いと見た目にキレイでいいですが、
画像の情報は検索キーワードにはなりません。

コンテンツはあくまで文字が中心になるようにすることです。
 
 
毎日ブログを更新しようとして、
短い記事をコツコツ投稿している方もいますが、
内容の薄い記事がたくさんよりも、
内容の濃い記事がいくつか、の方がSEOとしては効果が高いです。

毎日、内容の濃い記事を書くのは難しいと思いますので、
その場合は、週1更新にして、
一つ一つの記事をしっかりと作りこむようにしましょう。
 

5.コンテンツで売ろうとしていない

コンテンツの中に少しでもセールスが含まれていると、
ユーザーは「どうせ売るために書いているんだろう。」と
記事を読むのを止めてしまいます。

コンテンツはユーザーにとって役に立つものであることを
最優先に考え、セールスは極力なくしましょう。
 
 
コンテンツでは、ユーザーに満足度を与え、
他のページをみてもらうようにしたり、
FacebookなどのSNSでシェアしてもらえるように促します。

また、無料オファーなどでメルマガ登録してもらい、
そこから関係性を築いていきましょう。

セールスをするのはその後のことになります。
 
 
 
さて、以上が
SEOで上位表示されるためのコンテンツ作りで守るべき5つのポイントです。
 
 
冒頭にもお伝えしましたが、
Googleの検索アルゴリズムは今もなお変更が重ねられています。

これから先さらに、
よいコンテンツのあるサイトが評価されるようになっていきます。

あなたのサイトをSEOで上位表示させたいなら、
細かな技術的なSEOのテクニックは頭から置いておいて、
より優れたコンテンツを作ることに集中するようにしてください。
 
 
そして、今回紹介した5つのポイントを参考にして、
ユーザーにとって役に立つコンテンツをたくさん作りましょう。

そうすれば、SEOで上位表示されるようになっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>