一番簡単!かつ低予算で作れる集客媒体とは?

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
151209

Kawasaki

こんにちは!

ダイレクトマーケティングと一口にいっても、
オンラインとオフラインではやることがめっきり変わってきます。

具体的には、オンラインでダイレクトマーケティングを行う場合、
・インターネットの知識
・サイト作成の知識
なんかが最低でも必要になってきます。

もちろん、外注するという手もありますが、
最低限の知識がないと、「何を指示すればいいの?」状態になってしまいますよね。

ということで、それらは一旦置いておいて!

今回からしばらく、「オフライン攻略シリーズ」をお届けしていきます!

目次


1 発表!最も簡単かつ低予算でできるダイレクトマーケティング集客!


2 なぜ紙媒体がオススメか?5つのメリット

 2-1 メリット1:ネットにうとくても、PCができなくてもOK
 2-2 メリット2:ライバルが弱い
 2-3 メリット3:みんなネットに意識が向いている
 2-4 メリット4:なんだかんだ安い
 2-5 メリット5:信頼性がある


3 まとめ

1 発表!最も簡単かつ低予算でできるダイレクトマーケティング集客!

オフラインということで、「見聞きしたことがある」
ものが大半だと思いますが、「知っているとやっているは別」
という格言もあります。

そして、「やっている」でもよりスキルがアップすると
たくさんの見込客をゲットできますよね!

ということで、低予算で集客するために何がオススメかというと、、、

ズバリ、「紙媒体での集客」です!

個人を相手にしているのなら、
・折り込みチラシ
・ポスティングチラシ
などがそれにあたります。

法人を相手にしているのなら、
・FAX-DM
が考えられます。

それぞれ、雑誌や新聞に広告を掲載するよりも低予算で
広告が作れるから、まずはここで経験やノウハウを蓄積するのが
オススメです!

2 なぜ紙媒体の集客がオススメか?5つのメリット

では、これらの紙媒体の広告がなぜオススメか?

そのメリットを5つお話します。

2-1 メリット1:ネットにうとくても、PCができなくてもOK

冒頭でも言いましたが、ネットで広告を出したり、
その先のセールスまでの仕組みを作ろうとすると
かなりの「ネット知識」が必要になってきます。

僕も先日、知人にチラッとこの話をしましたが、
「よくわからない」「アンタのやってることは次元が違う」
と言われてしまいました(トホホ・・・)

一方で、チラシを作るのにそれほど必要な知識はありません。

もちろん、何を書けば良いのか?という知識は必要ですが、
チラシ作成はパワーポイントやワードでもできますし、
手書きでもいいくらいです。

あとは、そのデータをプリンタで印刷するか、
印刷屋さんに持っていけば、できあがり。

こういった手軽さ=スピードにつながります。

2-2 メリット2:ライバルが弱い

チラシ作成でやっちゃいけないこと。


⇒ 広告代理店や印刷業者に最初からチラシ制作をお願いする。

です。

これをやると、大抵が「カッコイイ」「オシャレ」
なデザインの制作実績を見せられます。

で、「うおぉ!オシャレ!これウチのブランディングになるわ!」
と勝手に頭で作話をして、オシャレチラシにしてしまう・・・

でもそれって、鉄くずを金のメッキでコーティングしたようなもんです。

重要なのは、「オファー、何を言うか>デザイン」ということ。
(オファーの作り方に関しては、コチラをお読みください!)

これをあなたの競合は意識していません。

なので、しっかりとご自身でチラシのオファーを
練り上げることにより、ライバルが目を丸くするような
反応率を叩き出すことが可能になります!

2-3 メリット3:みんなネットに意識が向いている

なんだかんだで、インターネットは歴史がまだ浅い
媒体ですし、日々進歩をしている最中です。
(これからも進歩しつづけるでしょう)

だから、みんな「これからはネットの時代だ!」
といってそっちの方向を向いています。

そんなときは、「逆張り」をしてみましょう。

投資の世界でも、大衆と逆を行く人が、大儲けしたりしていますよね。

それと同じで、みんながネットに意識が向いて
オフラインの意識が遠のいているからこそ
低予算で集客するチャンスが生まれます。

2-4 メリット4:なんだかんだ安い

チラシは印刷代金だけを言えば、それこそ1〜3円/枚で
作成することができます。

FAX-DMでも安いところであれば、5円/枚から送信できます。

つまり、オフラインの世界も技術が
どんどん進んで、低予算で広告を作れるようになってきている

ということです。

ネットも「安い!」と言われますが、みんなが目を付けているので
人気の業種では広告単価もアップしてきています。

なかには、1クリックあたり300〜1000円するジャンルもあります。
(1見込客ではありませんよ、1クリックで!です!)

1000円あればFAXなら200枚送れると考えてみても、
十分にやる価値はあると思いませんか?

2-5 メリット5:信頼性がある

紙媒体の広告は、歴史があるので媒体自体に対する信頼性があります。
(年代によって差はありますが)

特に、中高年をターゲットにする場合、
インターネットは「怖い」と感じている方も少なくありません。

僕は30過ぎですが、その年代に「ネットの広告ってどう思う?」
と聞いても、「怪しい」「何か登録するのとか怖い」という
意見を聞くことがあります。

そういった意味でも、手元でパラパラ見ることができる
紙媒体のチラシは安心感を、相手に伝えることができます。

3 まとめ

以上、オフラインの広告のメリットでした。
参考になりましたか?

もちろん、これらにはデメリットもあって、
興味のない相手まで届けることになるので反応率は
下がります。

あと、FAX-DMだとクレームもくるかもしれません。

とはいえ、ネットだけではあなたの会社に届かない
お客さんもまだまだいますから、積極的にオフライン広告にも
チャレンジしてみてください!

簡単にまとめると、、、

なぜ紙媒体での低予算集客がオススメか? 5つのメリット
メリット1:ネットにうとくても、PCができなくてもOK
メリット2:ライバルが弱い
メリット3:みんなネットに意識が向いている
メリット4:なんだかんだ安い
メリット5:信頼性がある

でした!

まずは、反応率0.05%あたりを狙っていきましょう!
(10000件配って5件のお問い合わせ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>