メールアドレスを登録してもらうための仕掛け

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140826

Mamiya

インバウンドマーケティングに関することを
連続してお届けしています。

※関連記事は最後にまとめてあります。
 

これまでは、ブログ・Facebook・Youtubeを使って、
どうやってインターネットから“見つけられるのか”
というお話をしてきました。

インバウンドマーケティングのキモは、
如何にして“見つけられるようにするか”です。

ですが、それだけでは不十分。
利益を生むことはできません。

ブログやFacebookに訪問してくれたユーザーを、
『見込み客』から『実際にお金を払ってくれるお客さん』に
育て上げて行かなくてはならないのです。

 

顧客教育をしてお客さんに育て上げる

ダイレクトレスポンスマーケティングを学んでいる方は、
『顧客教育』という言葉を聞いたことがあると思います。

インバウンドマーケティングにおいても、
この『顧客教育』は必須のプロセスになります。
 

『顧客教育』とは、簡単に言うと、
ブログへの訪問者にこちらの考え方を伝え、
商品やサービスを購入してもらえる状態にすること
です。

『顧客教育』をするには、
こちらから相手に情報を伝えられるようにしなければなりません。

そのために、ブログの訪問者に
次のような行動をしてもらう必要があります。


・メルマガへの登録
・フォームへの情報登録
・RSSリーダーへの登録

このような、訪問者に行動をしてもらう仕掛けを
できるだけたくさん用意しておきましょう。
 

そして、それらの行動から
メールアドレスをはじめとした個人情報を獲得します。

そうなれば、こちらから情報を伝えることができるようになり、
『顧客教育』を行っていくことが可能になります。
 

魅力的なオファーと交換してもらう


「なぜ、個人情報を渡さなくてはいけないの?」
「ボタンをクリックすることで得られるメリットは?」
「メールアドレスを登録する価値はあるか?」

これが、あなたのブログへ訪問した人の心の声です。

最近のネットユーザーは、
個人情報を他者に教えることにかなり慎重になっています。

それがメールアドレスだけだったとしても同じです。
 

だからこそ、メールアドレスを登録してもらい、
個人情報を教えてもらうことができるだけの価値を
こちらから提供しなければなりません。

そのために必要なのは、魅力的なオファーです。
 

一般的に使われているオファーには、
次のようなものがあります。


・専門的な情報をまとめたレポート
・同じく動画
・ウェブセミナー
・無料コンサルティング
・無料お試し

このようなコンテンツを組み合わせて、
思わず「これ、欲しい!」と言わせてしまうような
魅力的なオファーを用意しておきましょう。
 

相手にとって価値のあるものを提供できれば、
よろこんでメールアドレスを登録してくれるようになります。
 

登録してもらいやすくする3つの仕掛け

最後に、メールアドレスを登録してもらいやすくする
3つの仕掛けをご紹介します。

ブログ上でどのように見せたらよいか、というお話です。
 

仕掛け1 わかりやすい&つかいやすい

ブログを見た人が、次に何をしたらよいのかを
すぐにわかるようにしておきます。

一番反応の取れるのはわかりやすくてシンプルなものです。

どう行動したらよいのかを示して、
行動も起こしやすいようにしておきましょう。
 

仕掛け2 ボタンをクリックしやすくする

ページのどこにボタンを置いておくのかも重要です。

必ず設置しておきたいのが、ページの冒頭です。
画面をスクロールしなくても見える位置に、
ボタンを設置しておきましょう。
 

また、ボタンはできるだけ大きい方が望ましいです。
単なるテキストリンクではなく、
クリックすればいいことがわかるようなデザインにしましょう。
 

仕掛け3 行動をはっきりと促す

ボタンには、行動を促す動詞のメッセージを入れましょう。

例えば、
「今すぐクリックする」
「無料コンテンツを手に入れる」
「セミナーに申込む」

見た人が取るべき行動を、
一言でわかりやすく伝えるようにしましょう。

メールアドレスや個人情報を残してもらう仕掛けは、
トップページやランディングページのみでなく、
ブログの全てのページに設置しておくようにしましょう。

なぜなら、ブログへの訪問者は、
どのページにやってくるのかがわからないからです。
 

この記事では、メールアドレスを登録してもらうための
仕掛けについてお伝えしました。

次回は、見込み客から顧客にするための方法について
お話していきます。
 

インバウンドマーケティングに関する記事はこちら
広告費が少ないならインバウンドマーケティング
インバウンドマーケティングに成功する考え方
インバウンドマーケティングならブログ
なぜインバウンドマーケティングにソーシャルメディアが必要なのか
Youtubeで“見つけられる”ための4つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>