イベントに便乗して稼ぐ方法

川崎 功瑛 川崎 功瑛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150915

Kawasaki

先日、サッカー日本代表の試合がありました。

僕は、あるピザチェーンの大ファンで
メルマガやアプリに登録しているのですが、
その試合当日、こんなメールが来たんです。

「ポテトが300円OFF!

今夜のサッカー観戦をお友達とピザ
を囲んでワイワイ盛り上がりませんか?」

今回は別の予定が入っていたので、
注文はしませんでした。

でも、過去に同じようなメールをもらい
ピザを注文したことが何度もあります。

あなたのビジネスもイベントと関連づけられないか?

ここから学べることは、私たちのビジネスも
イベントと関連づけてセールスするチャンス
ある、ということです。

「いや、うちはクリーニングだから関係ない」
と感じるかもしれません。

ですが、それは本当でしょうか?

試合の翌日にこんなキャンペーンを
送ることもできるハズです。

「サッカー観戦で興奮した翌日は、
意外とグッタリするものです。

だからこそ、○○を洗うのは面倒臭いですよね?

なので、本日に限り○○%オフで特別に!
クリーニングキャンペーンを行います!」

こんなキャンペーンを送れば、別に
サッカー観戦していなくても「オトク」
と感じて申し込む人も出てくるハズです。

イベントは何であってもいい!

ハッキリ言ってしまえば、イベントは
そのキャンペーンを実施する口実なだけです。

それに便乗して、何かのオファーができればいいのです。

だからこそ、結婚記念日!とか娘誕生!とか
でもまったく構いません。

人は理由があれば、高い確率で説得されます。
だからこそ、オファーにも反応しやすいのです。

キャンペーンの戦略作り3ステップ

では、このイベントキャンペーン作戦を
どのようにビジネスに組み込んでいけばよいのか?

それを簡単なステップで公開します。

ステップ1、専用のカレンダーを手に入れる

イベントを書き込むための専用カレンダーを
用意します。

まぁ、Googleカレンダーとかその他アプリ
でも構いません。

が、他の予定がいろいろあると混乱するので、
イベントだけが記載されるような形にしましょう。

僕は、パッと目に付きやすいという理由から
卓上カレンダーをオススメします。
(100鈞で入手可能です)

ステップ2、イベントを書き込む

ここに、どんどんイベントを書き込んでいきます。

– サッカーの日本代表戦。
– 野球の日本シリーズ。
– 地元のお祭りやイベント事。
– 今、トレンドになっている事。
– 視聴率の高いテレビドラマなど。
– 家族の記念日など。

テレビ欄や、地元のフリーペーパー、
旅行雑誌、情報番組などをチェックすれば、
1ヶ月のだいたいのイベントが出てきます。

これをカレンダーに書き込んでいきましょう。

ステップ3、キャンペーンを考え、告知

あとは、それに適したキャンペーンを
考え、メルマガやDM、電話など連絡が
取れる手段で告知を行うだけです。

バカまじめに「オファーはどうするべきか?」
と考えなくても構いません。

それよりも、
・どうしたらお客さんが喜んでくれるか?
・どんなキャンペーンが自分自身楽しいか?

を考えてみて下さい。

こうすることで、必ず一定数のお客さんが
申し込んでくれるので売上がアップします。

非日常の世界は、喜ばれる

地元の小さなイベント事にも数千人から
数万人が集まるように、多くの人はイベントが
大好きです。

花火大会やお祭りがその良い例ですよね。

同じように、あなたの独創性に富んだ
キャンペーンも「非日常感」が自然と演出されるので、
喜ばれながらオファーを受け入れてくれますよ!

ぜひ、チャレンジしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>