小さな会社のSEOならコンテンツマーケティング

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150310-1

Mamiya

小さな会社がSEOを考えるなら、
コンテンツマーケティングに取り組まれることをおすすめします。
 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、
見込み客やお客さんにとって価値のあるコンテンツ(情報)を
提供し続けることで興味を惹くマーケティング手法のことです。

あらかじめ、たくさんのコンテンツを提供するため、
こちらのことを理解してもらった上で商品やサービスを
購入してもらうことになります。

ウェブマーケティングにおいて、
具体的にどんなコンテンツを作るのかというと・・・

・記事
・動画
・音声
・PDFレポート

などになります。

これらのコンテンツをブログやサイトで発信していくこと。
これをコンテンツマーケティングといいます。
 
 
インターネットで見つけてもらったり、
何度も訪問してもらえるようになるためには、
継続的によいコンテンツを提供していくことが大切になります。

一度にたくさんのコンテンツを作って終わり・・・ではなく、
毎日コツコツと続けていくことが
コンテンツマーケティングで成功するポイントです。
 

SEO対策がとても難しくなっている

SEO対策はだんだん難しくなってきています。

ほんの少し前だったら、
簡単に上位表示されていたようなサイトであっても
なかなか上位に上がらなくなってきています。

SEO対策のテクニックというのもありますが、
それをちゃんとやっているだけではダメです。

ニッチキーワードを狙って上位表示させる方法は、
まだしばらくは効果が期待できますが、
これも徐々に厳しくなっていくでしょう。
 
 
SEOが難しくなってきている原因ははっきりしています。
大きく分けると2つあります。

1つめは、
インターネット上にライバルがドンドン増えてきているから。

ビジネスでインターネットを利用する会社は
今もなお、増え続けています。

ライバルもSEO対策はしてくるでしょうから、
同じことをしているだけでは勝てない、というわけですね。
 
 
そしてもう一つが、Googleの検索アルゴリズムが
年々優れたものになってきているということです。

Googleに認められるコンテンツでなければ、
検索結果で上位表示されることはないのです。

なぜ、コンテンツマーケティングなのか?

Googleはコンテンツのよい悪いを判断しています。

Googleの検索アルゴリズムの基本的な考え方は、
「よいコンテンツを、より多くの人に届けること」
です。

そのため、内容のないコンテンツや、
機械的なリンクなどは弾かれるようになっています。
 
 
Googleがよいと判断するコンテンツは、
内容がちゃんとしていて、多くの人に読まれているものです。

たくさんアクセスがあるとか、
多くの人からリンクされているとか、
SNSでシェアされているといったことから判断しています。
 
 
Googleがよいと判断したコンテンツは、
検索結果で上位表示されやすくなります。

つまり、
よいコンテンツを作ることがSEO対策になるということです。
 
 
テレビや新聞などのマスメディアの影響が、
徐々に縮小してきているのはご存知かと思います。

それにともなって、
小資本からでも充分に取り組むことができ、
成果も期待できるコンテンツマーケティングに取り組む
小さな会社が増えてきています。

ブログや自社サイトによいコンテンツを蓄積していくことで、
広告費の節約や、営業効率の向上につなげているのです。
 

コンテンツマーケティングの優れたところ

コンテンツマーケティングにはこんなメリットがあります。

1.お客さんにしたい対象が絞れる

お客さんにしたい対象向けにコンテンツを作るようにします。

誰に対しても同じアプローチをするマス広告と違い、
ピンポイントでターゲットを絞って情報を発信します。

すると、あなたのコンテンツに興味を持ってくれるのは、
あながたお客さんにしたい対象のみになります。

最初からあなたのビジネスに興味・関心がある人が
集まるわけですから、商品を販売するときの効率もよくなります。
 

2.いいお客さんと継続的に付き合える

既存客に対してもコンテンツを提供していくことになります。

商品やサービスを一度利用してもらっただけでなく、
コンテンツの提供によって継続的に関係性を持つことができます。

ただ興味を惹くだけでなく、
あなたとの信頼関係も深まっていくことになります。

あなたやあなたのビジネスのファンになってもらえれば、
次に商品を紹介した時にも購入してもらいやすくなります。
 

3.効果が検証できる

コンテンツは全てインターネットで提供していくことになります。

アクセス数やダウンロード数、コンバージョン率(成約率)など、
結果を全て数字で測ることができます。

どのくらいの人が見てくれているのか
どんな人が見てくれているのか
どのページに訪れてくれているのか
どこの地域の人が多いのか
リピートしてくれている人はどれくらいか

といったことを検証していくことができます。

こういった数字を検証していくことで、
よりよいコンテンツを作っていくことができます。
 

4.情報を広めやすい

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアは
とても相性がよいです。

ただブログやサイトで提供するだけではなく、
FacebookやTwitterなどで発信することで
多くの人に広めていくことができます。

ここでも大切なのは、よいコンテンツを作ることです。

よいコンテンツはソーシャルメディアでシェアされて
一気に拡散されていきます。

SEOだけでなく、シェアされることで広がることが
コンテンツマーケティングの優れているところです。
 

5.情報が蓄積されればされるほど効果が増す

コンテンツマーケティングの優れたところは、
情報がどんどん蓄積されていくことです。

一度コンテンツを作ったらそれで終わりではなく、
そのコンテンツはずっと見込み客を集め続けてくれます。

例え一つ一つのコンテンツに集まる見込み客が少なくても
たくさんのコンテンツがあれば多くの人が集まります。

一発勝負ではなく、コツコツ続けられる人が勝つ方法なので
こういったところも小さな会社向きと言えます。
 
 
SEOもテクニックではなく、
ちゃんとしたコンテンツのあるサイトが
評価されるようになってきています。

これから先、インターネットで勝ち残っていく会社は
いいコンテンツを持っている会社になっていきます。

もしまだコンテンツマーケティングに取り組んでいないなら、
今から少しずつでもコンテンツを作っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>