ブログ記事を読んでもらうための画像の使い方

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
140916

Mamiya

インバウンドマーケティングという言葉が
広く知られるようになり、
ブログを使った集客を始める会社が増えてきました。

そうなれば当然、ライバルが増えることになりますから、
ブログを読んでもらうことは、どんどん難しくなっています。
 
 
ブログ記事に優れた文章を書いて、
読者を引き込めればよいですが、それも難しいもの。

記事の内容だけで勝負するのではなく、
それ以外のところでも、最善をつくしましょう!
 
 
ということで、
今回はブログ記事に使う画像についてのお話です。

画像をうまく使えば、
直帰率、平均滞在時間、平均ページビューなどの改善に役立ちます!

簡単に実行できて効果も出やすいので、
ブログを書いてもなかなかアクセスが増えない場合は、
ぜひ画像の使い方も考えてみてください。
 

ブログに画像を使うべき3つの理由

「ブログに画像を使うべき」というお話は、
あなたもどこかで聞かれたことがあるかと思います。

念のため、ブログに画像を使うべき理由をおさらいします。

ブログに画像を使うべき理由は次の3つ。

1.意図したメッセージを伝えやすくなる
2.読んでくれた人の記憶に残りやすい
3.文字だけより読みやすい印象になる

 
 
文字だけの記事だと、パッと見た瞬間に

「なんだか難しそう(^_^;)」

というイメージを持ちやすいです。
 
 
最初に「難しそう!」とイメージを持たれてしまうと、
もうその後は読んではもらえません。

「あ、この記事は読みやすそうだな(^^)」

と見た目で判断してもらうことも大切です。

ブログ記事内に画像が入っているだけで、
読みやすい文章だとイメージを持ってもらえます。

読みやすさを演出するために、画像を入れるのです。
 
 
また、文章よりも画像の方が記憶に残りやすい、
ということがわかっています。

記事の内容に関連した画像を使うことで、
より記憶に残りやすい記事にすることができます。
 

ブログ記事を読んでもらうための画像の使い方

ブログ記事に画像を使う時のポイントは3つあります。

ポイント1 記事の内容にあった画像を使う

画像を使う大前提として、
記事の内容にあったものを選ぶようにします。

記事の内容にピッタリの画像を使うことによって、
読んでくれる人の記憶に残りやすくなります。

 
 
ピッタリあった画像を見つけるのは難しいかもしれません。

そんな時は、なるべくイメージの近いものを選ぶか、
画像の中に文字を入れたりして関連付けるようにしましょう。
 
 
内容と関係ない画像でも、目立つものであれば興味を惹き、
記事を読んでもらうこともできるかもしれません。

ですが、それだと記事と画像のイメージが結びつかず、
逆に記憶に残りにくくなってしまいます。

あまり関係のない画像は選ばないようにしましょう。

ポイント2 画像はブログ記事の冒頭に挿入する

ブログ記事に画像を入れる場合は、
記事の冒頭に入れるようにしましょう。

なぜなら、読み手が最初に見るのがその画像になり、
記事を記憶する際のイメージが作られるからです。
 
 
もしブログ記事が長いのであれば、
冒頭に加えて、記事の途中にも画像を入れるのもよいです。

内容に関係のある画像を入れていけば、
画像を見るだけで、記事の方向性がわかるようになります。

ポイント3 記事がメインとわかるサイズにする

ブログ記事に画像を入れる場合は、
目立ち過ぎないように、ほどほどのサイズにしましょう。

あまりに画像が目立ちすぎると、
画像が中心のブログであると勘違いされてしまいます。

あくまでも、記事がメインであるとわかるサイズにしましょう。
 
 
もちろん、画像や写真がメインのサイトであれば、
思いっきり画像が目立つようにしても大丈夫です。

画像の使い方をまとめると…

記事の内容にあった画像を、ブログ記事の冒頭に入れましょう!

ということになります。

もう少しだけ突っ込んで考えると、

『この記事を読んだ時に、どんなベネフィットがあるのか?』

がひと目でわかるような画像であれば、
さらに効果的になります。

画像も記事の内容の一部だと考えてください。
 
 
記事を書いて、画像も探す、となると大変ですが、
記事の内容にピッタリ合った画像を見つけることができれば、
時間をかけただけの効果はあります。

一生懸命書いた記事をムダにしないためにも、
画像を探すことにも力を入れるようにしましょう。
 
 
今回はブログ記事のお話にしていますが、
FacebookなどのSNSでも、画像が入っているのといないのとで、
記事のクリック率が全く違うことがわかっています。

もちろん、画像ありの方が反応は取れます。
 
 
ぜひ、この記事を参考にして、
あなたのブログでも画像をうまく使うようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>