アメブロで集客を成功させる基本の考え方

間宮 一樹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150804

Mamiya2

アメブロを使った集客方法を連続で届けしています。
今回は、集客できるアメブロの基本の考え方を紹介します。

それは、

『勝手に紹介されるようなブログを作りましょう!』

という考え方です。

実際のビジネスでも『紹介』は非常に効果的な集客方法ですが、アメブロにおいてもそれは当てはまります。他人から勝手に紹介されるアメブロを作ると、集客はたいへん楽になってきます。

【前回までの記事】
 ⇒ アメブロとWordPressを使い分ける3つの方法
 ⇒ アメブロの集客が簡単な理由

アメブロの理想的な紹介のされ方

理想的な形は、あなたが行動をしなくても他の誰かが「このブログ、面白いから読んでみて!」「ためになるからおススメだよ。」と勝手に紹介してくれるようになることです。

そうなれば、あなたが毎日記事を投稿し続けなくても、一生懸命営業活動をしなくても次々とアクセスが集まってくるようになります。

紹介されるブログになるために大切なのは、『相互リンク』です。

『相互リンク』は、お互いのブログを紹介しあい、リンクを付けてお互いのブログを行き来できるようにすることを言います。

例えば、あなたのブログが、ブログAとブログBに相互リンクしたとします。
すると、下図のようなイメージになります。

150804-01


そうすると、ブログAとブログBの読者が、あなたのブログにやってくる道ができたことになり、それぞれの読者を共有できるようになります。

150804-02


そのため、この『相互リンク』を増やせば増やすほど、アクセスが集まるアメブロを作ることができます。

紹介されるような興味を惹く記事を書く

紹介されるための大前提は、あなたのブログの記事が、思わず紹介したくなるような興味を惹く内容であることです。

単なる『相互リンク』であれば、特別に興味を惹く記事でなくても大丈夫ですが、そこから更に紹介の広がりを求めるのなら、内容の面白さが重要です。

あなたの記事を誰かがブログで紹介してくれた場合、そのブログの読者があなたの記事を読んでくれるようになります。

その時、あなたのブログが面白いと思ってもらえたのなら、さらに紹介されるようになり、次々と紹介が広がっていきます。
反対に、つまらないものであったなら、それっきりで広がっていくことはありません。

このあたりのことは、SNSを使っている方ならイメージしやすいと思います。
「友達に知らせたい!」と思えるような記事は、紹介が紹介に繋がり、どんどんアクセスが増えていきます。

だから、紹介されるようなアメブロを作るためには、読んだ人が思わず誰かに紹介したくなるような記事を書くことです。

「興味を惹く記事を書く」⇒「相互リンクを増やす」

という流れになれば、勝手に紹介してもらえるアメブロになります。

あなた自身も、「面白い!」「紹介したい!」と思うようなブログ記事に出会ったことがあると思います。そんな記事に出会ったら、どうして紹介したいと思ったのか、その理由を考えてみてください。

一気に紹介を増やすために必要なこと

それは、人気ブログとつながることです。

アメブロにはとても便利な機能があって、各ジャンルの人気ランキングを調べることができます。

人気ブログには読者がたくさんいますから、そういったブログと相互リンクをすることができれば、あなたのブログの読者を一気に増やせる可能性が高まります。

特に、あなたのブログと同じジャンルの人気ブログとつながることはとても重要です。

同じジャンルのブログの読者は、あなたのブログに書いてあることにも興味を持ちやすいはずです。だから、まず一番に考えたいのは、同じジャンルのブログとどうやってつながるのか?です。

また、全く別のジャンルだからといって、ブログを紹介してはいけない、ということはありません。

どこからビジネスにつながるのかは予測できませんし、単純にアクセスが増えれば、あなたのブログのランキングアップにも繋がります。あなたの読者の役に立つ記事を見つけたら、積極的に紹介していくようにしましょう。

大切なのでもう一度言いますが・・・
大前提として、あなたのブログが紹介したくなるほど興味を惹くものである必要があります。

まずは興味を惹く記事を書くこと

そして、

人気ブログとつながること

を順番に取り組んでいきましょう。

次回は、集客できるアメブロのテーマ設定について紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>