2012年に取り組むべき売上アップの秘策

北岡 秀紀 北岡 秀紀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう2012年は近づいています。
「今年はむちゃくちゃ儲かった」という方もいれば、
「あ〜ダメダメだった」という方もいるでしょう。

でも、まだやってきていない2012年は誰にとっても平等です。
好きなようにコントロールできます。

「2012年、売上がガンガンあがる年にしたい!」
という方のために・・・

2012年にやるべき、
たったひとつの売上アップの秘策
をお話しましょう。

それは・・・

それは・・・

それは・・・

「また明日」
と言いたいところですが、年末のクソ忙しい時に、
そんな遊びをしているヒマはないので、
ハッキリと答えましょう。

答えは セミナー です。

セミナーをやって、その場で商品を売る。
もしくはセミナーから個別相談へ参加を促し、そこで売る。
という方法です。

「は?」「何をいまさら・・・」「うちの業種では使えない・・・」
いろいろ反論はあるでしょうが、その理由をお話ししましょう。

理由1 ブランド化が容易になる

ネットのおかげでお客さんは競合との比較が簡単になりました。
売り手から見た場合、価格競争に巻き込まれることは必至です。
だから、ブランド化が重要
・・・というのは、あちらこちらで語られていることです。

ブランド化で一番簡単な方法が、セミナーをすることです。

セミナーをした瞬間、売り手と買い手という関係ではなく、
先生と生徒という関係になります。
簡単に権威になることができます。

そして、中小企業のブランド化とは、
ヴィトンのようになることではなく、
目の前のお客さんにとっての権威になることです。

理由2 コンテンツの重要度がさらに高まる

あらゆるビジネスがインターネットから逃れられなくなってきました。
それはいまさら言うまでもありませんね。

そのネットで最も重要なものといえば、
コンテンツです。

検索であろうが、メルマガであろうが、
コンテンツがなければ見てもらえないですから。

そこで多くはブログを書いたり、メルマガを書いたりしますが。。。
これらは継続が命です。
正直それは大変です。

長期的に見れば、ブログ・メルマガはやるべきですが、
まずはセミナーというひとつの強力なコンテンツを持つ方が
直近の売上をアップすることができます。

さらに、セミナーのコンテンツを
ブログやメルマガにすることも当然可能です。
ビジネスをコンテンツ化していく
最も効率的な第一歩と言えます。

理由3 伝えるべき事が全て伝えられる

価格競争や競合との競争に勝てない大きな理由が、
あなたの商品の良さが伝わっていない事。

それらを全部伝えることは、
通常の商談の場では難しい。
何を話しても「営業トークでしょ?」という色眼鏡で見られるからです。

しかし、セミナーの場合、
その時間中に発した言葉は、
先生の役に立つ話です。

ですから、そこであなたが伝えたい事を
全部伝えるのです。

もちろんセミナーですから、
あまりに露骨なのはダメです。

でも、
「こういう商品が良くて、こういう商品がダメ」
という商品の購入基準を教えられます。
今までは、お客さんの頭の中になかった購入基準を伝える事で、
あなたの商品を選択肢に入れてもらうことが容易になります。

理由4 良い顧客が増える

セミナーをすると、あなた(の会社)の考え方が、
お客さんに伝わります。

その結果、それに共感した人は集まり、
共感できない人は去ります。

その結果、あなたの価値観にあった人だけが残る事になります。

ですから、良いお客さんが増え、
長期的に付き合うことが可能になります。

理由5 収益のシステム化の第一歩になる

セミナーは一度できてしまうと、
台本さえあれば、スタッフでもやれます。
(練習は必要ですが)

つまり、セールスステップで言う
商品説明、信頼構築はスタッフができる、ということ。
クロージングだけ、あなたがやるなど、
役割分担がハッキリします。

つまり、仕事の多くを他に人に任せられる、
というわけです。

他にもたくさんありますが、
長くなるのでやめましょう。

要するに
これがオンラインでもオフラインでも使える
「最強の営業ツール」だということです。

例えば・・・
セミナーそのものが無料のオファーになりますので、
見込み客集客に使えます。

また、録画すれば、オンラインで配信して、
今まで以上に効率的に販売するということも可能です。

初めは既存客や名刺交換した事がある相手で構いません。
2012年の早い段階でセミナーを実施してください。
そして、それをブラッシュアップし、
セミナーコンテンツを完成させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*